月夜見宮(つきよみのみや) ※伊勢神宮の外宮別宮 @三重県伊勢市 犬を預けてお伊勢参り 

⛩神頼み

三重県伊勢市に鎮座する伊勢神宮外宮の別宮である月夜見宮へ、旅行がてらカミさんと空(くう)様(ワンコ)とで参拝してきました。

伊勢神宮には本宮(内宮・外宮)と別宮がある

本宮(内宮・外宮)とは?

伊勢神宮は、

皇室の御祖先の神と仰ぐ天照大御神(あまてらすおおみかみ)をお祀りする「皇大神宮:こうたいじんぐう【別称:内宮(ないくう)】」と、

天照大御神がお招きした衣食住を始め産業の守り神である豊受大御神(とようけのおおみかみ)をお祀りする「豊受大神宮:とようけだいじんぐう【別称:外宮(げくう)】」

それぞれ鎮座しており、内宮・外宮を総称して本宮と呼ばれています。

別宮とは?

別宮は、正宮とかかわりの深い神様を祀る格式の高いお宮のことをいいます。
伊勢神宮の別宮は、正宮と同じように神宮式年遷宮が20年に一度行われており、遷宮用の土地である「古殿地」も用意されています。

写真は内宮別宮である、倭姫宮(やまとひめみや)の古殿地

参拝時の注意

ペット禁止! 同伴者に預けてから参拝しましょう!

伊勢神宮は内宮、外宮、別宮いずれもペットを連れて境内には入れません。

ですが、

伊勢神宮の本宮(外宮・内宮)とは異なり、別宮はそれほど広くないので、参拝時間は長くても20~30分程度です。

同伴者に預けて、別宮の「お伊勢参り」を楽しむことも出来るかと思います。

時期によって参拝時間が変わります!

月夜見宮の参拝時間は時期によって変わりますので、注意しましょう。

時期参拝時間
1月 1日~ 4月30日 5:00~18:00
5月 1日~ 8月31日5:00~19:00
9月 1日~ 9月30日5:00~18:00
10月1日~12月31日5:00~17:00
月夜見宮入口にある注意書き。いずれの宮にも同じ立て札が立てかけられています。

御祭神

月夜見宮は、天照大御神の弟神である、月夜見尊(つきよみのみこと)が御祭神です。

天照大御神が太陽の神様であることに対比して、月夜見尊は月にたとえられ、農耕にかかわりの深い神様とされています。

神社案内

社殿入口

月夜見宮入口です。

伊勢神宮(外宮)から徒歩10分程度で、伊勢市駅近くの街中から少し外れた場所に鎮座しており、こちらも外宮同様、高い木々に包まれています。

手水舎

手水舎で身を清めます。手水舎も遷宮用の古殿地があります。


手水舎裏には立派なご神木が。

伊勢神宮のご神木は高くて大きいです!


拝殿

正宮同様、質素ながらも威厳のある拝殿です。

鳥居をくぐり、玉砂利を踏みしめながら拝殿に向かいます。

別宮はお賽銭箱が設置されており、通常の神社同様に参拝します。


地図には記載されていない、お稲荷さん

拝殿脇の小道を進むと、境内マップには記載されていないお稲荷さんが。

第二次世界大戦の空襲時、焼夷弾が落ちた時にこの楠木が守ってくれたという民間信仰だそうなので、伊勢神宮の境内地図には記載されていないそうです。


戦後70年以上が経過していますが、焼け跡が生々しく残っています。


宿衛屋(しゅくえいや)

社務所ではなく宿衛屋しゅくえいやとよばれます。

こちらで御朱印を頂きます。


御朱印

月夜見宮近くの散策

外宮から月夜見宮へ向かう途中の商店街で見つけた、お肉屋「めし勇」さん。


松阪牛コロッケがあるではありませんか!早速発注!

2個だけですが、気さくに応じていただけました。


店内にはおいしそうなお肉と、油の上がる香りにうっとりして待っていました。

すき焼きのたれや、冷凍ホルモンなどのお土産も充実しています。


揚げたてコロッケ!うますぎる(*´▽`*)


伊勢市駅近くのお土産物屋さんで見つけた伊勢エビのぬいぐるみ。

つぶらな瞳に負けて、衝動買いしてしまいました。

通販でも売っていました(´▽`*)イセエビ

伊勢神宮(外宮)HP→豊受大神宮(外宮)|神宮について|伊勢神宮 (isejingu.or.jp)

PDFダウンロード|伊勢神宮 (isejingu.or.jp)

僕が参拝を始めた理由です♪→目に見えないもの | ふわふわ不惑 (fuwafuwafuwaku.com)

【神社検定】神社参拝の基本が、分かりやすく解説されています。


励みになりますので、クリックをお願いいたします♪


神社・仏閣ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました